Markup Validation Serviceで404エラーページをチェックする方法

404エラーページ HTML、CSS

HTMLでマークアップした際には、W3CのMarkup Validation Serviceを使って、Errorがないかを確認します。

 

基本的には『Validate by URI』にURLを入力して確認するのですが、404エラーページを確認するには少々一工夫が必要だったのでメモしておきます。

 

スポンサーリンク

404エラーページの確認方法

その前に、404エラーページの確認方法です。

トップページURLの後ろに/fooを付ければ確認出来ます。

 

弊ブログであればhttps://watepu.com/fooになりますね。

 

Validate by URIへ普通にURLを貼り付けると

さて、URLを貼り付けて普通にチェックしようとすると、

『Sorry! This document cannot be checked.』

と表示され、エラーチェックが出来ません。

 

というわけで、他の方法を試します。

対処法

1:ページのコードを丸ごとコピーして、『Validate by Direct Input』へ貼り付け

なぜかこれならチェックしてくれます。

 

404エラーページ上で『Ctrl』+『U』を押せば、コードが別タブで開きますのでそのまま全部コピーして、『Validate by Direct Input』へ貼り付けます。

2:オプションから『Validate error pages』にチェックを付ける

URLを入力してチェックしたいのであれば、『More Options』を開き、『Validate error pages』にチェックをつけます。

 

404エラーページ

これでも通常通り、エラーチェックを行ってくれます。

 

こちらの方が簡単ですかね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました